ご挨拶(2002.9.8)

こんにちは〜♪このページの管理人「エムズのぽち」@静岡県清水市在住です。
プロフィールはこちらで紹介させて頂くとして、車関係の話をさせていただきますね
ハンドルネームの由来ですが、元々「M's Project」という車大好き人間の集まりに所属しておりました
そこでのニックネームは「ぽち」で、当初そのままハンドルネームとして使うつもりでしたが、
ネットに使うハンドルとしては多数の方が存在すると思われ、団体名である「エムズ」を付けた次第です。

元々は某メーカーの自動車整備の専門学校で学び(このとき整備士資格をとりましたが・・十数年放置中・・まだ残っているのか?)
十代〜二十台前半はジムカーナにのめりこみました。
といっても本格的に活動していたのは1〜2年でしたが・・月に1セットタイヤを消費すると言う練習中心の毎日でした。
最初に購入したのは名車!B310サニー(昭和53年式)でした。
友人のお父さんの物を30000円で購入(笑)

毎週の様にエンジンを降ろしたり、ヘッドを外したりしていました。
ヘッド面研、ポート研磨、ファン電動化などをプライベートチューンでやっていました。
このサニーほとんどお金を掛けなかった割には220km/hをマーク(計算値です)するなど、大変気に入っていました。
そろそろ足回りを・・と思ってショックを交換した矢先、事故で大破・・
お金の無かった私はとりあえずディーラーに放置してあった
P910ブルーバード(昭和58年式)を35000円(笑)で譲りうけました。

この車はほとんどいじらなかったのですが、たまのサーキット走行会などに参加していました。
その後当時でもマイナーなS12ガゼール(昭和60年式)を購入。


この車はエンジン、マフラー以外はほとんど手を入れました。

ツインプラグ(!)のCA18ETは軽い車体をぐいぐい引っ張ってくれましたし、ジムカーナ、走行会に燃えたのもこの頃。。
上位入賞こそありませんでしたが、乗っていて楽しい車でした。
この頃の日産はスカイラインのハイキャスに代表されるような、直進安定性重視のセッティングが主流で、この車にもリアのメンバー全体をゴムでフローティングさせると言う機械的な仕組みが搭載されていました。
その後、少し落ち着くべくマーチに乗っていましたが、仕事の関係で荷物を積載の必要に迫られAD(平成7年式)を購入・・異常なほどの燃費の良さに感激

現代の車にしては軽量で、そこそこのパワーがあり、楽しめる車でした。
(草ジムカーナで2位になった事もあったんですよ・笑)
ショック、スプリング交換、タワーバー、ロアアームバー(自作!)プラグコード交換など。
強いアンダーなのと、リアが限界を超えると一気にフルカウンターが必要になる・・ようなピーキーなハンドリングの車でした。
一見、鉄チンなスーパーラップがこの車らしくて似合ってるでしょ?(笑)
しかし、FR車の感覚が忘れられず、悶々とした日々を過ごしていたある日・・ADのエンジンフロントカバーが破損
オイル漏れが始まると同時期に車検・・「ドライブシャフトのブーツも破れているし、ほかにも色々・・60万くらい車検にかかります」
とはサービスマンの談。

そこで新たな愛車を購入すべく物色を開始・・といっても表向きで、先ずはジータありきでしたが・・
最近の車事情に疎かった私は「
FR、ワゴン、マニュアル」という条件で探してみたところ・・
ジータ以外に選択肢は無かったです(笑)

登録は2002年6月。グレードはAS200 6MT 色はスーパーホワイト2です。


ジータトップ