logo

 Profile

ぽち
昭和45年7月20日生まれ
静岡県静岡市在住
会社社長兼雇われフォトグラファー
PSP(ペンタックス・サービス・プロフェッショナル)登録 HPぽちのたのしみ主催
 記事のある日は黒く表示されます
2017年 6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 月別過去ログ
 検索
 ご訪問者
today
yesterday
total
FROM 2004/10/26
 最近の投稿
 最近のコメント&トラックバック

 
 カテゴリ
 Link
 子供撮りの必須アイテム
K10Dではワイヤレスシンクロ可能!

室内バウンス、ハイスピードシンクロにも高精度で
活用できる私の必須アイテム
三本目のレンズの前に・・AF540FGZ。


画像をクリックするとAF540FGZの楽天での価格比較が出来ます。

 コンパクト最高画質
SIGMA DP1
一眼レフなみの画質を
一眼レフと同等のfovionセンサーで実現!

画像をクリックすると楽天市場内価格比較ができます。
 あのK10Dの後継機
K20D
外観はK10Dと同じ。でも中身は別物
APS-Cクラス最高とも言われる画質!

画像をクリックすると楽天市場内価格比較ができます。
 使用レンズ
使い込む魅力があるレンズ
はまった時の写りにはゾクゾクきます

PENTAXFA43mm/f1.9Limitd
楽天価格比較

このブログ内のこのレンズに関する記事はこちらにてごらんになれます。
子撮りにはこのレンズ!
気楽にパシャパシャ。
実勢価格15,000円前後
寄れてよく写る。お気楽カジュアルレンズ

シグマ AF18-50mm F3.5-5.6 DC
楽天価格比較

このブログ内のこのレンズに関する記事はこちらにてごらんになれます。
傑作が撮れるかも!?
ポートレートにぴったりな銘玉

FA77mm/f1.8Limited
楽天価格比較

このブログ内のこのレンズに関する記事はこちらにてごらんになれます。


デジタルでは標準画角

FA35mmF2AL
↓画像をクリックすると楽天市場内
在庫探しと価格比較が出来ます。


こんなによく撮れてよいの?
超寄れる!
びっくり安価な標準ズーム
SIMGA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO
↓画像をクリックすると楽天内の価格比較が出来ます。


 このサーバーで運営しています
低価格・高性能な
レンタルサーバーです
月額263円から200MB
CGI・SSI・PHP使用可能
ブログも用意されいます

 スポンサーサイト
「ぽちのたのしみ」はこちらに登録しています。

2500社を超える広告主の中から
好きな広告素材が選べる
もちろん会員登録は無料。
その後も費用は一切かかりません

 ネット上のお金のやりとりに♪
 子供の写真TBP
 K10DTBP
 撮影技術TBP
 メインメニュー
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 検索

高度な検索

2007年3月12日(月曜日)

TB企画・PENTAXストラップ

カテゴリー: - ぽち @ 17時56分41秒

このブログ始まって以来のTB企画です。
先日の記事 ペンタックスのプロストラップ へいただいたコメントで
PENTAX純正ストラップの多様さに気が付き、ネット上を色々探してみました。
いやぁ。。すごく多くのものが存在するようです。

この企画では皆さんのストラップの画像付き記事をTBしていただき
ペンタックスストラップのデータベースの様なものが出来れば・・と思っています。

先ずは私所有のストラップから。


K100D・K10D同梱品。


*istD DS DL DS2 DL2同梱品


15年ほど前に購入した純正品・現在も入手可能な「スタンダードストラップ 30」だと思う


25年前に購入した純正品 
同じデザインの白・赤の存在は記憶にあり。ロゴの下の二重線が上赤、下白のものも存在


謎のロゴなしストラップ。入手経路は記憶になし。 金具から結構古いものと思われる。


これも入手経路記憶になし。かなり細いのでもしかしたらコンパクトカメラ用?


PENTAX K2についていたストラップ。留め金具が格好いい


プロストラップ(多分中判用)PSP会員の登録の記念品で非売品

カメラ同梱品。別売り品問わず多くの写真が集まれば嬉しく思います。
ただしPENTAX純正品に限ります。

皆様のご協力をお願いします。記事の新旧を問わずTBお待ちしております。

(記事中のストラップの詳細をご存知の方。情報をお願いします)

TrackBack URL : http://pochidayo.main.jp/weblog/modules/wordpress/wp-trackback.php/626


2007年3月10日(土曜日)

ペンタックスのプロストラップ

今週末こそ琴の写真を・・・と思っていたのですが、琴が熱でダウン。
私も本業の棚卸しでてんてこ舞いです。。

凹み気味のところにペンタックスから封書が・・・。

開けてみると、PSP(PENTAX SERVICE PROFESSIONAL)の登録の規約が入っていました。
そして同梱されていたのが・・・記念の非売品のペンタックスプロストラップ!

コレは記念写真撮らないと(笑)
久々にK100Dの出番ですよ!

K100D FA50mmF2.8 マクロ AF540FGZバウンス レフ板 


K100D FA50mmF2.8 マクロ AF540FGZバウンス レフ板 

このプロスト。中判用のもので、かなり太いです。
元々付属品で付いているストラップの1.5倍くらいの太さ。
25年愛用している純正のストラップ↓

よりも5mmくらい太いです。

K10Dのストラップ取り付け部にはきつい感じですが、使えます。
材質はかなりしなやかで、使いやすそう♪

検索かけたり調べた事もあったのですが、このストラップの存在は知りませんでした。。

ブログで記事になっているのもレアかも?

初めて見た人→→

バックのそれっぽい布は相変わらず背広の裏地という事はナイショです(笑)
ライティングはAF540FGZで向かって右上奥にバウンス。その反射をレフ板で拾っています。
三脚が車にのっていて、撮りに行くのが面倒だったので、手持ちです。

室内バウンス、ハイスピードシンクロ、リモートシンクロにも高精度で活用できる私の必須アイテム
三本目のレンズの前におススメしたいです。撮影の幅が広がりますよ♪


画像をクリックするとAF540FGZの楽天での価格比較が出来ます。

 


2007年3月6日(火曜日)

琴とFA35mmF2AL

愛用のFA43mm/F1.9リミテッドはすばらしいレンズで、ほぼ常用しているのですが・・・。
後ろに下がれない時など「もう少し広く撮れたら」と思う事もしばしば・・・。
最近は集合写真や、型モノのポーズ写真の仕事もあり、スタジオが狭い場合には中々苦労していました。
・・・・んで逝っちゃいましたFA35mm/F2AL
正直FA31mm/Limitedが欲しかったのですが、予算が・・・(笑)

昨日注文し、今日届きましたよ♪

早速試し撮り
(クリックで元サイズをEXIF付きで見られます 4.68MB )

K10D FA35mm/F2.0AL AF540FGZバウンス F=2.8

第一印象は「こりゃ良く写るわ」でした。

シャープでコントラスト高め、何より「赤が良く出る」・・かといって全体が赤みかかるという訳ではないです。
ほっぺたの赤みはFA43mmでは中々出し辛かったのですが、FA35mmでは健康的な赤みが出てくれます。
歪みも気にならないしいい感じです。

一応FA35とFA43の比較なぞ・・・。
特に色の出方、肌のトーンに注目してごらんください。

先ずはFA35mm/F2AL

そしてFA43mm/F1.9Limited

両者ともK10D F=2.0 AF540FGZバウンス
RAWで撮影PPLでほぼ同条件で現像(露出はイメージが近づくように調整しました)

あっさりすんなりと落ち着きのあるFA43mm
ややこってりとリアルなFA35mm

というところでしょうか?

どっちもいいですね♪
画角での使い分けはもちろんですが、写りの違いによる使い分けも楽しそうです。

琴はどっちがすき?

「わかんなーい」

K10D FA35mm/F2.0AL AF540FGZバウンス F=2.8

お前がアホヅラなのは解った(笑)

PENTAX FA35mmF2AL
↓画像をクリックすると楽天市場内
在庫探しと価格比較が出来ます。

比較・・参考になりましたか?→


2007年3月4日(日曜日)

琴とペンタックスのプレゼント品

風邪治らないです〜(ちょっとはマシになってきましたが)
でも、昨日は撮影に入っていました・・・今日はゆっくり静養します。。

へろへろのところにペンタックスから荷物が・・・。
遅ればせながら(2月初旬投函)K10Dのプレゼントキャンペーン品が届きました♪
ロゴ入りのSDカードケースと1GBのSDカードです。

早速見てみますよ・・・。

すげぇ格好いい・・・。

K10D FA50mm/F2.8マクロ AF540FGZバウンス

早速手持ちのSDカードを入れてみましたよ
中身はこんな感じ・・・

K10D FA50mm/F2.8マクロ AF540FGZバウンス
HAKUBAのこの製品 (高級品だ!)と同等のものの様ですね 
ちなみに一番手前の青いPanasonicの1GBのSDがプレゼント品です(注:プレゼントは一枚のみです)

現在私が使っているSDカードケースと並べてみました。

K10D FA50mm/F2.8マクロ AF540FGZバウンス

こちらもハクバ製

K10D FA50mm/F2.8マクロ AF540FGZバウンス

トレイがSDカード専用になっている分、コンパクトですね。
薄いのでポケットにもすんなり収まります。
HAKUBAのこのシリーズ です。

もったいないのでプレゼントキャンペーンの品はしばらく使わないでおこう・・・。

「使わないなら琴にちょうだい!」
何につかうの?
「何か入れるの」
何を?
「うーんと・・・・」

K10D FA43mm/F1.9 AF540FGZバウンス

「チョコレート?」

絶対にやらん(笑)
しかも半疑問形で・・・見た目がチョコレートを連想させたのでしょうか?(笑)

カードケースの撮影のバックに使っているそれっぽい布・・・
実は背広の裏地だというのはナイショです(笑)→

ブツ撮りのライティングにも!
K10Dではワイヤレスシンクロ可能!
室内バウンス、ハイスピードシンクロにも高精度で
活用できる私の必須アイテム
三本目のレンズの前に・・AF540FGZ。


画像をクリックするとAF540FGZの楽天での価格比較が出来ます。


2006年12月6日(水曜日)

フルアーマーK10D

キタムラさんに11月中旬に注文したけど、入荷未定だったのでキャンセルし、在庫があるマップカメラさんに一昨日注文したバッテリーグリップD-BG2が届きました♪

K10D+D-BG2+FA43mm+AF540FGZ (写真では見えませんが拡大アイピースO-ME53もついています)

撮影はistDS+AF500FTZ+FA50mm/F2.8マクロ

このグリップ良いですよ〜♪
縦位置の撮影はもちろん、横位置でも指に余裕ができ前ダイヤルの操作がラクになります。
心配していた装着時のAFセレクタの操作性も満足♪

ちなみに一緒に写っている、黒地に赤文字の太いストラップは24年前に購入して、代々私のメイン機に装着しているものです。

この装備が私の室内撮りのスタンダードになりそうです。

K10D格好いい!と思った方、是非クリックを♪→



 


2006年8月17日(木曜日)

琴と手振れ補正の検証

琴と夕暮れ時の散歩に出かけましたよ。

近所の自転車屋さんは今日はお休み。

FA43mm 1/15 ISO800

時々琴と食事に来る居酒屋さんも、お休み。

FA43mm  1/5  ISO800

家の前のマンホール

FA43mm   1/3  ISO1600

ふと空を見上げると、真っ赤な夕焼け。

いつもの写真とは違う傾向なのでお恥ずかしいです。。

「K100Dを持つと、夜景を撮りたくなる」といわれますが、私もそのクチで(笑)
いつもよりちょっと遅い時間に散歩してみました。
でも、このときにはハッキリとした手振れ補正の効果が実感できなかったんです。
もしや、私のK100Dは壊れているのか!??
と色々実験しました。

色々な物にレンズを向け、手振れ補正をON、OFFしたりしたのですが、歩留まりに大差なし・・。
そこで、ふと思いついてやった実験・・・。

手をワザと細かくプルプルさせて、シャッターを切ってみると、見事にブレずに撮影できていました。
とりあえず手振れ補正機能は働いていることが確認できました。
では、なんで、手振れ補正ON、OFFでの撮影結果に差が無かったのか・・・。

そこで、考察・・・。
多分、撮影時の私の手は「プルプル」はしておらず、どちらかというと、体全体が大きくゆっくり揺れるように動いている模様。
特に実際の撮影現場での撮影ではなく、慎重に検証している様な時には顕著の様です。
そして、そういう大きな揺れには、手振れ補正が効かないのでは・・・。

・・・と、私なりの結論を出してみたのですが、いかがなもんでしょう???

更新の励みになります〜。
記事が参考になりましたら是非クリックを♪→ 


2006年8月8日(火曜日)

新RAW現像ソフトを試す

カテゴリー: - ぽち @ 17時36分08秒

ペンタックスのRAW現像ソフト、「PENTAX PHOTO Laboratory」(以下PPL)のVer.3のアップデータが公開されました。
ペンタックス内製だったPPL2に対して、PPL3では評価の高い、市川ソフトラボラトリー社製のRAW現像ソフト「SILKYPIX」の画像処理エンジンを搭載しています。

PPL3はK100Dから標準添付されていますが、istD系ユーザーは今回のアップデータでバージョンアップが可能です。

さて・・・PPL3の実力は・・?

先ず一例目(昨日掲載した写真ですが)色の比較です。

PPL2  (クリックで元画像が別ウィンドウで見られます 4.47MB)

PPL3 (クリックで元画像が別ウィンドウで見られます 3.07MB)

と思って並べたのですが・・・。はっきりいって殆どわかりません・・。
PPL3の方が若干黄色が強いかな???

これじゃ比較にならないじゃん!
と原寸の2枚を並べて、眺めることしばし・・・。
ありました、決定的な違いが!
 
 
 
 
 
左 PPL2      右 PPL3
 
琴の耳の後ろあたりの原寸切り抜きです。
明らかにノイズが減って、ノイズにまみれて潰れてしまっていた髪の毛が確認できますね。
これでも、ノイズリダクションはオフの状態です。
他にも道路に落ちた影の部分にうっすら乗ったノイズ

左 PPL2  右PPL3
 
もキレイに処理されています。

そうなんです、PPL3での大きな進歩として、ノイズリダクションの搭載が挙げられます。

では、もっと厳しい・・高感度撮影のこんな条件では・・・

PPL2

PPL3

ノイズリダクションをONにして強めにかけています。

今回のアップデータでは、私的にはこのノイズリダクションが一番のポイントでしたがほかにも・・

レンズ収差補正機能を搭載

トリミングと出力画像サイズ機能、回転/シフト機能を搭載
(今までトリミングや、回転が出来なかったのもアレなのですが)

といった点が大きな変更点です。
細かな変更点としてはプレビューウィンドウの大きさを微調整できるようになったとか、トーンの調整をより細かく出来るようになったとかがあります。

各ウィンドウが大きくて、その配置場所が悩みのタネなのですが、大きく進歩したPPL3でした。

発表前は有償との噂もありましたが、なんと驚きの無償アップデータとなっています。
ペンタックスは、私達のかけがえのない瞬間の為にがんばってくれています(^^♪

あ、時々「PPLはパラメーター調整した画像の一括現像が出来ない」と誤解されている方がいますが、キューリストを使用することによって可能になります。念のため。

又、使っていくうちに、気がついたことがあれば書きますね。

更新の励みになります〜。是非クリックを♪→ 

*8月9日自転車サンプルの元画像を追加しました
*Okay! One-Thousand! (a Pentax blog) さん(英語ページ)にて記事にしていただいています。
http://ok1000.blogspot.com/2006/08/pentax-japan-releases-pentax-photo-lab.html#links


72 queries. 0.047 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

pochi© 2001-2005pochi